歌詞

Jumpin' Jack Boy

WANDS

作詞
上杉昇
作曲
栗林誠一郎

真夜中 サビた 香り

感じて 見下ろした街は

まるで宝石のように


君への ただやるせない 想いを

照らしては 揺れる この心 壊しそうなくらい


どうかしてるね その笑顔だけが

また ため息に 変わる


I'm Just a Jumpin' Jack Boy?

ねぇ そのまま イかせて

身も心も キミだけを求め

いつも Crying Crying

もう 胸がはちきれそう

そのすべてに 触れてみたい


勝手にこの恋を 夢見て

うわついていたけれど その言葉で目が覚めた


"そうね 嫌いじゃないけれど"なんて

ちょっと 笑えない 答えだ


I'm Just a Jumpin' Jack Boy?

あぁ 誰も 止められない

グラついてる 君への思いは

まるで Crazy Crazy

もう とても 耐え切れない

そのすべてを 重ねてたい


I'm Just a Jumpin' Jack Boy?

ねぇ そのまま イかせて

身も心も キミだけを求め

いつも Crying Crying

もう 胸がはちきれそう

そのすべてに 触れてみたい


そのすべてに 触れてみたい

提供: うたまっぷ