歌詞

アモーレ

桂銀淑

作詞
阿久悠
作曲
浜圭介

一、あの頃は愛だとも知らないで

おたがいの人生を選んでた

陽のあたる坂道に咲く花が

しあわせと思いつつ歩いてた

一年は 悲しみも

おぼえずに過ぎてゆき

三年で 真実に気がついた


アモーレ 愛して

こころを燃やすくちづけ

アモーレ 泣かせて

からだが痩せていいから


二、横顔に過ぎ去った歳月が

憂いまで知るひとになっていた

今ならばおたがいに寄りそって

雨の日も 風の日も生きられる

一年を惜しみつつ

取り返す情熱や

三年を 駆け戻るはげしさや


アモーレ 愛して

朝 昼 夜も夢見て

アモーレ 泣かせて

何度も甘い言葉で


アモーレ 愛して

あなたはあなた一人よ

アモーレ 泣かせて

わたしはわたし一人よ

提供: うたまっぷ