歌詞

露地裏

鏡五郎

作詞
海老原秀元
作曲
桜田誠一

からからと木枯らしに 泣きながら

空き缶がどぶ板を ころがった

踏まれても 踏まれても

それが浮世の さだめなら

裾のほこりはなぁ…

笑ってはたこうぜ


古傷に沁みるのさ その演歌は

置き去りのあのひとを 思い出す

好きだって 好きだって

二度と帰らぬ 故郷なら

罪なたよりはなぁ…

出さずにすまそうぜ


しんしんと降りしきる 雪をみて

露地裏の居酒屋で 酒を呑む

辛くても 辛くても

明日に希望が あるのなら

今日の苦労はなぁ…

黙ってたえようぜ

提供: うたまっぷ