歌詞

きずな

山川豊

作詞
里村龍一
作曲
弦哲也

一、夢もやれない 男のために

尽す真心 酒より泌みる

情け忘れた この俺に

絆むすんで 生きるやつ

風は冷たく 吹くけれど

今はおまえの 俺でいい


二、辛い過去を 可笑しく仕立て

聞かすおまえの その瞳に負けた

北の育ちの せいなのか

うすい肩して 意地を張り

俺を男に すると言う

可愛いおまえに 泣ける夜


三、時雨ふる夜 ふらりと寄った

安い酒場に 咲いてた花よ

絆むすんだ 二人なら

何処からだって 出直せる

おまえ次第さ この先は

ついて来るのも 来ないのも

提供: うたまっぷ