歌詞

みだれ髪

小柳ルミ子

作詞
喜多條忠
作曲
平尾昌晃

愛するほどに愛されたいと

想う女は愚かでしょうか

いとしき人にこの胸を

ひろげてみたき夏の宵

砂丘に咲きし花のごと

砂に風に夢に吹かれて

ああ みだれ髪

心にかかります


てのひら照らす花いちもんめ

あなたに逢えるその日をねがい

宵待草にたずぬるは

宿命のつらさはかなさか


夜空にかかる銀の河

頬に指に星は光りて

ああ みだれ髪

心に流れます


夜空にかかる銀の河

頬に指に星は光りて

ああ みだれ髪

心に流れます

提供: うたまっぷ