歌詞

めおと漫才

宮史郎

作詞
もず唱平
作曲
叶弦大

目の下五尺の鯛買うて

そのうち祝言挙げたると

風呂屋の釜でいうばかり

なんぼ気の好え女でも

うるさい近所の目もあるし

肩身も狭いし 顔もない

汐時とそろそろ 冬の蛙で考える


『まァまァまァそない言いないな。そない言

われたらワイもつらい。ウサギの逆立ちや。

何とか一ト旗あげる算段、羽織のヒモやで。

今でもなァ、ワイはお前に鼠が六匹で、む

チュウや、堪忍してェな な!!』


山ほど届いた縁談を

あっさりまとめて断って

揚げ句の果てにババ掴み

実家の敷居もまたげずに

嫁入り道具もない世帯

お母はん嘆くし 子は泣くし

黒犬のおいどや オモシロないで阿呆かいな


『そないにきついこと言わんといてェなァ。

悪う転ぶ時は何してもあかん。おなごに褌

や。…お前にそない言われたら、薬罐でゆ

でたタコで手も足も出んがな。』


取り柄というても何もない

どういう訳けやら相性が

よかっただけで惚れおうた

情があるのにほだされて

今日までズルズル来たけれど

お能の稽古にしとなった

五合の徳利で ウチの一生詰まりまへん

提供: うたまっぷ