歌詞

男の真情

森進一

作詞
白鳥園枝
作曲
木村好夫

一、この命 この命 すててもいいと

泣きながらとりすがる お前のひとみ

世間のつらい噂を 背中にうけて

男の涙を かみしめる

幸せに生きてくれ いとしい女よ


二、人並みに 人並みに 暮らせるならば

それだけで幸せと 言ってたお前

二人を遠くひきさく 運命がにくい

男の旅路の せつなさよ

許されるものならば 逢いたいけれど


三、別れても 別れても 心の絆

結ばれてとこしえに 解かれはしない

お前と死んで行くまで 暮らしたかった

夜風にさすらう恋ごころ

ひとり行くこの胸に 夕月あかり

提供: うたまっぷ