歌詞

暖流

石川さゆり

作詞
阿久悠
作曲
三木たかし

私これで帰りますと 席を立った

急にたずねすみませんと 頭さげた

いいのここで ひとりにして下されば

後はぶらり海を見つめ 過ごします

これで心が 晴れました

あなたなしで生きることに 決めました

沖を走る潮の流れ 見つめながら

私しんみり 南国土佐の昼さがり


バスの窓にキラリキラリ 波が光り

岬までの道がつづく うねりながら

季節はずれ 風がさわぐ海べりを

私ひとり乗せただけの バスが行く

これで心が 晴れました

あなたなしで生きることに 決めました

かもめつれて西へ走る フェリーボート

私ぼんやり 南国土佐の昼さがり


これで心が 晴れました

あなたなしで生きることに 決めました

ふり向いては駄目よ駄目よ 戻っちゃ駄目

私はらはら 南国土佐の昼さがり

提供: うたまっぷ