歌詞

出世桜

綾世一美

作詞
吉岡治
作曲
市川昭介

七つ転んで 八つも泣いて

それでも転げろ 何度でも

苦労を山と つみ上げて

いつか見おろす 花になれ

出世桜は 男の華だ


人を恨むな グチグチ云うな

大きな器で 酒を飲め

勝負をかける その日まで

根性背骨で 生きてみろ

出世桜は 男の華だ


ないないづくしが 駈けだしだって

死ぬ気でやれば 道もある

一文なしの 夢の木に

春の日もさす 花が咲く

出世桜は 男の華だ

提供: うたまっぷ