歌詞

長山洋子

作詞
仁井谷俊也
作曲
徳久広司

生命を燃やす 季節は短い

まして女の 綺麗な時期は

夏の夕暮れ 人恋しさに

焦がれ鳴きする 蜩のようです


言葉で愛を 語れたら

手紙に愛を 綴れたら

ああ あなた

死んだら涙 流してくれますか

冷たい躰 抱きしめてくれますか


こんなにあなた 愛しているのに

運命の垣根が 越えられません

夏の終わりを 惜しんで鳴いて

愛が掠れた 蜩のようです


ふたりで夢を 探せたら

こころに夢を 描けたら

ああ あなた

見つめることも 叶わぬ恋ですか

忘れることが 真実の愛ですか


言葉で愛を 語れたら

手紙に愛を 綴れたら

ああ あなた

死んだら涙 流してくれますか

冷たい躰 抱きしめてくれますか

提供: うたまっぷ