歌詞

おまえだけ

小金沢昇司

作詞
吉田旺
作曲
弦哲也

一、私のぶんまで その夢追いかけて

傍に居ちゃ あなたの重荷よと

無理に 微笑うやつ

おまえが泣きを みなければ

咲かない夢なら 枯れりゃいい

道連れは おまえだけ

この世の果てまで


二、どうしてあとから 生まれてきたのよと

年の差を気にして 又ひとつ

吐息 もらすやつ

おまえのそんな 仕草さえ

まもってやりたい この俺さ

道連れは おまえだけ

この世の果てまで


三、世間が遠くに 遠くに見える日は

なにげなく季節の 花一輪

部屋に 飾るやつ

必ずくるさ ふたりにも

まぶしい陽の射す 春の日が

道連れは おまえだけ

この世の果てまで

提供: うたまっぷ