歌詞

ホテル港や

石川さゆり

作詞
阿久悠
作曲
弦哲也

三日三晩の

祭ばやしがふと止んで

秋風が身にしむ夜に 最後の花火

これでもう何の未練もなくなったわと

うつむいて つぶやいて 涙ぐむ

ブリキのランタン 薄あかり

不幸が似合いのひとり酒

死ぬ気はないけど 生きるもつらくて

波止場町 ホテル港や


出船入船

人でにぎわう棧橋に

見送りの鴎が低く 輪を描く景色

此処を出て何処へ行くのも切ないからと

薄い胸 抱きしめて 身をよじる

昔を夢みる人がいて

舟唄ばかりを口ずさむ

酔う気もないけど 素面もつらくて

波止場町 ホテル港や


一生一度の

恋と信じたばっかりに

北国の海見て過し 無口になった

泣き癖はやっとなおって嬉しいけれど

真夜中に うずくまり 爪を切る

ひと荒れふた荒れ海鳴りに

霧笛が引き裂く静けさに

泣く気はないけど 笑うもつらくて

波止場町 ホテル港や

提供: うたまっぷ