歌詞

こころ舟

島津悦子

作詞
松井由利夫
作曲
伊藤雪彦

捨てて忘れて あきらめて

涙に流した 夢なのに

霧が明日を かくす夜は

にじむ灯りに 身をふるわせる

よわいわたしに 逆戻り

だめよだめよね…… あゝやっぱり女


頬をころげる 涙より

つらいものなの 残り香は

嘘と本気の けじめさえ

つけてくれずに 逃げてく男

呼んでどうなる わけじゃない

知っていながら…… あゝやっぱり女


人のさだめは 川の帯

ゆれて流れる こころ舟

紅は濃いめに ひいたって

酒におぼれる 泣き虫だから

あなたひとりの おもかげを

抱いているのよ…… あゝやっぱり女

提供: うたまっぷ