歌詞

北海まつり船

神野美伽

作詞
松井由利夫
作曲
市川昭介

波がドンと来りゃ 飛沫の花が

やん衆鴎の 胸に散る

夢をぶちこめ 千島の沖へ

海の稼ぎにゃ 遠慮はいらぬ

北の漁場は 男の男の まつり船


蟹の甲羅に なみなみ注いで

まわし飲みする にごり酒

拳かみしめ 舳先にたてば

見えるはずない 赤提灯に

瞼 燃やして 男の男の まつり船


野付水道 東へ抜けて

いつか 真冬のどまん中

意地で巻くんだ 底引き網を

板子一枚 油断はできぬ

度胸いのちの 男の男の まつり船

提供: うたまっぷ