歌詞

あきらめて 女

角川博

作詞
松本礼児
作曲
幸耕平

愛しすぎたら 支えきれなくなって

私ひとりを置いてゆくのね

手紙に添えた冷たい手ざわりの

合鍵握りしめ 愛をふりかえる

恋はかげろうのよう

追えば逃げてゆく

恋は盗人のよう すべてを奪う

女 女 あきらめて 女


いつも私に 勇気をくれた人が

こんな悲しみ 最後に残して

あなたは何処で何をしてるかしら

涙を閉じこめた 目がしらが熱い

恋に泣くのはいつも

私の役わり

恋にすがりつくのは 女の運命

女 女 あきらめて 女


風の音さえ

泣いているよな夜に

愛を失くした女がひとり

人待ち顔の笑顔をよけながら

みれんをひきずった靴音悲しい

恋はかげろうのよう

追えば逃げてゆく

恋は盗人のよう すべてを奪う

女 女 あきらめて 女

提供: うたまっぷ