歌詞

包丁一代

岡千秋

作詞
いではく
作曲
岡千秋

味の一文字 背中にしょって

包丁に賭けた 男意気

勝負は浪花の ど真中

見て盗る 聞き盗る 味さばき

包丁一代

みがく この腕 板修業


(台詞)

喰い道楽のこの街で生きてるんや

日本一の板前になったるわい!


野暮であいそも 言えない俺が

ふり向きゃいつも おまえだけ

女房になるなら ついて来い

涙を見せずに うしろから

包丁一代

晴れて のれんを あげるまで


錦かざって 故郷に帰る

その日はいまだ 遠い夢

待ってろおふくろ 天下とる

秘伝は心に あるはずだ

包丁一代

俺が 拓くぞ 俺の道

提供: うたまっぷ