歌詞

不断草

小林幸子

作詞
星野哲郎
作曲
遠藤実

叱られながら 日暮坂

まつわりついた 母の膝

働き疲れた かたい手は

それでもいつでも 暖かかった


ききわけのない 涙の跡が

泌みていそうな あなたの着物

丈をのばして 着ています

小さくなった あなたの肩を

抱けば両手に 伝わる歳月

やっぱりあなたは 不断草


宿命の雪に 埋もれながら

みどり絶やさぬ 不断の苦労

こんな女の 一生を

おまえにだけは させたくないと

明るく笑う あなたが好きよ

いいのよ 私も 不断草


手をひき ひかれ あゝ 母子坂

おまえは私に 似てくると

心配そうに のぞきこむ

あなたの足踏 私もなぞる

浮世耐草 不断草 不断草

提供: うたまっぷ