歌詞

夢ひとり

美空ひばり

作詞
美空ひばり
作曲
イルカ

春になると恋が目芽え 人並みの幸せもとめたの

だけど何時も枯葉が舞い 何処かへ 何処かへ にげてゆくの

秋が来るのが早すぎる 秋が来るのが早すぎる

凍える私を支えてくれた 命の歌を何時でも胸に

これからは ひとり 今日まで来たけれど 母の愛に包まれながら

これからは ひとり 喜びも悲しみも

愛をなくした私は生きる

夢を見るには 遅すぎるかしら

冬が来る 凍えるような

私に似合いすぎる雪だわ

燃えるこの手で 溶かせれば

苦しいほどに 死にたいほどに

女の涙知らずとも 歌の涙知ってる私

それでそれだけで 明日に向って

命の歌と羽ばたく私

これからは ひとり 今日まで来たけれど 母の愛に包まれながら

これからは ひとり 喜びも悲しみも

愛をなくした私は生きる

夢を見るには 遅すぎるかしら

これからは ひとり 今日まで来たけれど 母の愛に包まれながら

これからは ひとり 喜びも悲しみも

愛をなくした私は生きる

夢を見るには 遅すぎるかしら

提供: うたまっぷ