歌詞

味噌汁の詩

千昌夫

作詞
中山大三郎
作曲
中山大三郎

しばれるねえ。冬は寒いから味噌汁が

うまいんだよね。

うまい味噌汁、あったかい味噌汁、

これがおふくろの味なんだねぇ。


あの人この人 大臣だって

みんないるのさ おふくろが

いつか大人になった時

なぜかえらそな顔するが

あつい味噌汁飲む度に

思い出すのさ おふくろを

忘れちゃならねえ 男意気


へぇーそうか、

おまえさんも東北の生まれか。

気持ちはわかるがあせらねえ方がいいな。

やめろ!あんなあまったるいもの

好きな女なんか。

何がポタージュだい、

味噌汁の好きな女じゃなくちゃ!!

寝るのはふとん、下着はふんどし、ごはんのことを

ライスだなんて言うんじゃないよ。

田園調布?家を建てるなら岩手県、

それも陸前高田がいいね。

金髪?きん…金髪だけは

いいんじゃないべかねぇ。

それにしても近頃の人は何か忘れてるね。

これでも日本人なんだべかねぇ。


日本人なら忘れちゃこまる

生まれ故郷と味噌汁を

何だかんだと世の中は 腹が立つやら

泣けるやら どこへ行ったか親孝行

まるで人情 紙風船

忘れちゃならねぇ男意気


ふるさとを出てから16年、いつもおふくろさんの

ふところを夢みておりました。

思い出すたびに、この胸がキューッと痛くなるんです。

思わず涙が出てくるんだなぁ。

それにしても今夜はしばれるねぇ、

このぶんだと雪になるんでねえべか、

おふくろさんの味噌汁が食いたいなぁ…

かあちゃーん!!

提供: うたまっぷ