歌詞

道頓堀人情

天童よしみ

作詞
若山かほる
作曲
山田年秋

ふられたぐらいで 泣くのはあほや

呑んで忘れろ 雨の夜は

負けたらあかん 負けたらあかんで東京に

冷めとない やさしい街や道頓堀は

未練捨てたら けじめをつけて

きっぱりきょうから 浪花に生きるのさ


くちびるかんでも きのうは過去や

わかるやつには わかってる

負けたらあかん 負けたらあかんで東京に

冷めとない やさしい街や道頓堀は

でんと構えた 通天閣は

どっこい生きてる 浪花のど根性


三吉魂 あんたにあれば

うちが小春に なりもしよう

負けたらあかん 負けたらあかんで東京に

冷めとない やさしい街や道頓堀は

ほれてつきあう 今夜の酒は

まっ赤に流れる 浪花の心意気

提供: うたまっぷ