歌詞

みちのく炎歌

金田たつえ

作詞
石本美由起
作曲
聖川湧

一、今夜だけでも 愛されたいと

想う心が わかるやら

湯上りのあなたに 羽織着せかけて

夫婦きどりの 夢に酔う

女 女 みちのく いで湯妻


二、明日のことなら わかっているの

駅の別れが 待つばかり

粉雪の寒さを 避ける夜の部屋

命朝まで あずけたい

お酒 お酒 みちのく いで湯妻


三、嘘になっても 怨みはしない

いつか逢えると 誓ってね

その腕に 抱かれて燃えて知りました

恋のみれんを 切なさを

涙 涙 みちのく いで湯妻

提供: うたまっぷ