歌詞

二杯目のお酒

和田アキ子

作詞
千家和也
作曲
平尾昌晃

二杯まででやめるはずで 飲んだお酒

淋しくって せつなくって

あゝ あとをひく

あいつなんて嫌い 二度と顔も見ない

好きにすれば いいじゃないの

あゝ 恋なんて

飲まなきゃいられやしない

酔わなきゃいられやしない

いいじゃない迎えに来る位したって

あゝ 私を-

知っているくせに 知っているくせに

私が 惚れていることを


二杯だけで帰るはずで 飲んだお酒

悲しくって 苦しくって

あゝ また迷う

あいつたぶんよその 店で飲んでいるわ

男なんて 勝手なもの

あゝ 泣けてくる

飲まなきゃいられやしない

酔わなきゃいられやしない

いいじゃない電話のひとつなどくれても

あゝ 私に-


知っているくせに 知っているくせに

私が 惚れていることを

知っているくせに 知っているくせに

私が 惚れていることを

提供: うたまっぷ