歌詞

人生一代男花

鏡五郎

作詞
久保進一
作曲
山田年秋

演歌ひとすじ やるぞと決めて

浮世こがらし 流し唄

通天閣の 赤い灯よりも

燃えるこの花 男花

引くな人生 俺の道


縄ののれんに 肩叩かれて

くぐる横丁の 屋台酒

陰にまわって 支えてくれた

可愛いお前が いればこそ

真実一輪 花となる


俺の出番と 薄陽がさせば

まわり舞台の 幕が開く

道頓堀の 水面に映す

度胸千両の 晴れ姿

人生一代 男花

提供: うたまっぷ