歌詞

みなと恋唄

羅勲児

作詞
山口洋子
作曲
猪俣公章

海はきらいよ 哀しみが

遠くにひろがる 気がするの

恋もきらいよ 捨てられたなら

死ぬまで傷つく 気がするわ


港 坂道 潮の風

とぎれた口笛 流れブイ

いつも船出の あなたの心

汽笛に追われて 見てるだけ


波は引いても また寄せる

かもめは去ったら 去ったきり

羽もないのに どうしてわたし

このさき 寒空 ついてゆく


燃えたわたしが 馬鹿ならば

抱いたあんたは なんなのよ

恨み言葉も ただ恋しさに

泪まじりの 演歌になる

提供: うたまっぷ