歌詞

僕は泣いちっち

守屋浩

作詞
浜口庫之助
作曲
浜口庫之助

一、僕の恋人 東京へ行っちっち

僕の気持を 知りながら

なんでなんでなんで

どうしてどうしてどうして

東京がそんなに いいんだろう

僕は泣いちっち 横向いて泣いちっち

淋しい夜はいやだよ

僕も行こう あの娘の住んでる東京へ


二、祭の太鼓が テンテケテンと鳴っちっち

みんな浮き浮き 踊るのに

なんでなんでなんで

どうしてどうしてどうして

僕だけションボリ みそっかす

涙がホロリ ひとりで出っちっち

お祭なんかいやだよ

僕は思う 遠い東京のことばかり


三、上りの急行が シュッシュラシュッと行っちっち

いやな噂を ふりまいて

せめてせめてせめて

遠い遠い東京の

空に飛んでけ ちぎれ雲

汽笛がなっちっち 遠くでなっちっち

夜汽車の笛はいやだよ

早く行こう あの娘の住んでる東京へ

提供: うたまっぷ