歌詞

港町ブルース

森進一

作詞
深津武志
作曲
猪俣公章

一、背のびして見る 海峡を

今日も汽笛が 遠ざかる

あなたにあげた 夜をかえして

港 港 函館 通り雨


二、流す涙で 割る酒は

だました男の 味がする

あなたの影を ひきずりながら

港 宮古 釜石 気仙沼


三、出船 入船 別れ船

あなた乗せない 帰り船

うしろ姿も 他人のそら似

港 三崎 焼津に 御前崎


四、別れりゃ三月 待ちわびる

女心の やるせなさ

明日はいらない 今夜が欲しい

港 高知 高松 八幡浜


五、呼んでとどかぬ 人の名を

こぼれた酒と 指で書く

海に涙の ああ愚痴ばかり

港 別府 長崎 枕崎


六、女心の 残り火は

燃えて身をやく 桜島

ここは鹿児島 旅路の果てか

港 港町ブルースよ

提供: うたまっぷ