歌詞

すずめの涙

桂銀淑

作詞
荒木とよひさ
作曲
浜圭介

世の中であんたが一番 好きだったけれど

追いかけてすがりつき 泣いてもみじめになるだけ

幸福を窓に閉じこめて 飼いならしてみても

悲しみが胸のすきまから 忍び込んでくる

たかが人生 なりゆきまかせ

男なんかは 星の数ほど

泥んこになるまえに きれいにあばよ

好きでいるうちに 許してあばよ


もし今度生まれてくるなら 孔雀よりすずめ

口紅も香水もつけないで 誰かと暮らすわ

色づいた夢を見るよりも ささやかでもいいの

あたしだけ飛べる青空を 持ってる人ならば

たかが人生 きれいなときは

花よりもっと 短いはずね

酔いどれになるまえに 背中にあばよ

好きでいるうちに 許してあばよ


たかが人生 なりゆきまかせ

男なんかは 星の数ほど

泥んこになるまえに きれいにあばよ

好きでいるうちに 許してあばよ

許してあばよ

提供: うたまっぷ