歌詞

華ざかり

梅沢富美男

作詞
井上香織
作曲
グオフォン

出会いの時の 高鳴りは

少女の頃と 同じもの

夢か現実か 覚めやらぬ

恋の吐息の その森で

紅椿心に 咲き濡れるよ

微笑みで心の扉 開いたら

くちびる さえずり 夜もすがら

遊びで恋など できないと

涙で男の 胸濡らす


恋に焦がれて 愛に憧れ

いつも女は 恋がいちばん

愛がいちばん

愛がいちばん 今 華ざかり


少し派手めの 口紅は

ときめく心 隠せない

苦しい恋の 重ね塗り

深みを増した その森で

紅椿ひときわ 咲き揺れるよ

たち込めた 香りの行方見失い

妖しく移ろう 艶やかに

愛しいおもいを 抱きしめて

指先ひとつで 落ちていく

恋をなくして 愛に泣いても

いつも女は 恋がいちばん

愛がいちばん

愛がいちばん 今 華ざかり


恋に焦がれて 愛に憧れ

いつも女は 恋がいちばん

愛がいちばん

愛がいちばん 今 華ざかり

提供: うたまっぷ