歌詞

港町絶唱

八代亜紀

作詞
阿久悠
作曲
浜圭介

こんな私も 春には都会で

笑いころげて 暮らしてた

せまい部屋でも 小鳥を飼って

好きな男に もたれてた

北国行きの 列車に乗って

流れる景色に 泣いたのは

夏から秋の 境い目で

すべてがかげる 頃のこと

ああ 海峡に陽が落ちる


そして私は 無口になって

波の音きき 生きている

鴎ばかりが にぎわう海を

日がな一日 見つめてる

落ちつき場所も まだ決めかねて

荷物もとかずに 部屋の隅

秋から冬へ 日が移り

死にたくなれば それもよい

ああ 海峡に雪が舞う


浮きの灯台が 身をもみながら

港のはずれに かすむのは

冬から春へ かけ足で

女の胸も とける頃

ああ 海峡に風が吹く

提供: うたまっぷ