歌詞

豊後水道

川中美幸

作詞
阿久悠
作曲
三木たかし

背のびした 恋破れ

なぐさめる人もなく

信じていたのに

あなたはもう来ない

やせた女の旅路には

やさし過ぎるわ 春の海

こぼれ散る紅椿

流れにひきこんで

何を急ぐか 豊後水道


この海が 銀河なら

逢う瀬もあるけれど

近くて遥かね

あなたと私には

岬巡れば また入江

ひとの情に出会えそう

辛口の地の酒を

海辺の宿で飲み

何を歌うか 豊後水道


爪の色 変えたのも

心が晴れたから

一人の旅でも

泣かないひとになる

春は何日早かった

風もうららで甘かった

海猫の棲む島を

ぐるりと一まわり

何を想うか 豊後水道

提供: うたまっぷ