歌詞

日陰の女

栃若清光

作詞
横山やすし
作曲
竹田喬

ひと花咲かす ときまでは

わたしはあなたの 日陰で生きる

妻と呼ばれて みたいけど

一生私の 夢なのね

それでいいのよ 日陰の女


この世で一番 憎い人

恨んでいながら しあわせ祈る

妻と呼ばれる 春もなく

命もやした 夜の蝶

それでいいのよ 日陰の女


ネオンも消えた 夜の街

別れのくちづけ 悲しく燃える

妻と呼ばれる その日まで

夢を抱いて 生きてゆく

それでいいのよ 日陰の女

提供: うたまっぷ