歌詞

浪花人情

藤田まこと

作詞
もず唱平
作曲
三山敏

紋日に声を 張り上げて

露天商売 二十年

きっとそのうち ひと旗挙げて

いい目をみせると 二人連れ

浪花人情 浪花人情 夢がある


ラムネの心はどこにある

ラムネの心は玉にある

…生まれはミナミの玉屋町 嫁の親元玉造

生魂さんで祝言挙げて 玉の輿とは

いえんけど タマに嫁はん喜こばす

浪花で一番エエ男

本名 玉阪玉五郎 人呼んでラムネの玉やんや!!

冷やこいで 冷やこいで


苦労を懸けて すなまいが

待っておくれよ もう少し

櫛の一本 買ってもやれず

世間にゃ肩身が 狭いけど

浪花人情 浪花人情 明日がある


ラムネが時代遅れやて!?

阿呆なこと言うたらあかんで…

カンカン照りの焼け跡で ポンと玉落して

飲んだラムネの味 あのすがすがしい喉ごし

どれほど救われたかわからんがなぁ……

人間はなァ原点忘れたらあかん この頃は

世間 何かと熱うなってんのとちゃうか

ここらで冷やさんと 日本の将来はないで

冷やこいで 冷やこいで


お前はオレの 恋女房

口にゃ出さぬが 惚れている

破れ長屋に チャブ台一つ

無い無いづくしの 暮らしでも

浪花人情 浪花人情 花が咲く

提供: うたまっぷ