歌詞

1990年

菅原洋一

作詞
岡田富美子
作曲
吉屋潤

1990年 娘は21

女の季節を 迎えているだろう


春が来て 恋を知り

夏が来て 血が騒ぎ

どんな男に どこで抱かれるやら

どんな男に 命預けるやら

秋の夜 涙して

粉雪に うちふるえ

女の悲しみを 初めて知ったとき

私のすすめる お酒を飲むだろう

1990年 娘は21

女の季節を 迎えているだろう


しあわせになるんだよ

しあわせな 女に

母親を棄てても

父親を棄てても

しあわせの旅を

続けて行くんだよ

1990年 娘は21

提供: うたまっぷ