歌詞

晩酌

芦屋雁之助

作詞
石本美由起
作曲
松浦孝之

二人三脚

二人で生きりゃ

どんなことにも

耐えられる

「ほんまに ここまで

よう来たもんや…」

添うて十年 二十年

飲んで味わう晩酌に

通う夫婦の 想いやり

着のみ着のまま

着たきり雀

それが振り出し 新所帯

「ほんまに 今日まで

ようがんばった…」

言葉やさしく

かけあって

庇い合う身の 晩酌に

酔うてほんのり

さし向い

ついて来てくれ

これから先も

お前あっての 人生さ

「ほんまに 苦労の

かけ通しやな…」

細い暮らしの 灯を点し

夫婦燗酒 晩酌に

せめて明日を 夢みよう

提供: うたまっぷ