歌詞

渚の女

五木ひろし

作詞
山口洋子
作曲
五木ひろし

逢いたくなったら ひとりで海に来て

名前をお呼びと云ったひと

別れてはじめて あなたの優しさが

しみじみわたしにわかります

渚によせる

しろい哀しいさざ波

女ごころをぬらして

二度とかえらぬ 夢を呼ぶ


どんなに遠くに あなたが行こうとも

わたしの心は はなれない

愛した月日は そのままで生きている

わたしの胸にも瞼にも

まっ赤に燃えて

ひとりで泣いてる夕陽は

女ごころの切なさ

二度とかえらぬ 恋を呼ぶ


潮風はるか

空にちぎれる汽笛は

女ごころのさよなら

二度とかえらぬ ひとを呼ぶ

提供: うたまっぷ