歌詞

度胸船

島津亜矢

作詞
星野哲郎
作曲
市川昭介

人を押しのけ 出世のできる

柄じゃないぜと あきらめて

北へきたんだ 千島の海に

眠る親父を ゆりおこし

唄う男の 度胸船


親父来たぞと 吹雪を呼べば

風がほめるぜ よくきたと

写真だけしか 知らないけれど

海を見せれば 勇み立つ

熱い血をひく 度胸船


ころぶ兄貴を 弟がかばう

沖は地獄だ 戦場だ

ホッケ大漁の 祈りをこめて

網に御神酒を ふりかけて

雪に放浪う 度胸船

提供: うたまっぷ