歌詞

道頓堀情話

綾世一美/弦哲也

作詞
松井由利夫
作曲
弦哲也

(男)生駒おろしは 針よりいたい

肩を寄せなよ 冷えるやないか

(女)なにもいらへん そのひと言で

うちはあずけた 女のいのち

(男)気がいいだけが とりえのお前

(女)そういうあんたも 極楽とんぼ

(男女)道頓堀 情けの 花あかり


(男)近いところに ある夢なのに

人は誰も 見過すものや

(女)逢えてよかった あんたに逢えて

お礼参りの 水掛け不動

(男)一たす一は 算盤玉や

(女)二人で一人は あんたとうちや

(男女)道頓堀 情けの 花あかり


(男)夫婦善哉 柳吉・お蝶

芝居みたいに 笑うて泣いて

(女)苦労承知の つっかけ草履

ついて行きます どこまでだって

(男)手に手をとって 渡ろやないか

(女)涙と辛抱の 八百八橋

(男女)道頓堀 情けの 花あかり

提供: うたまっぷ