歌詞

千歳空港

鶴岡雅義と東京ロマンチカ

作詞
高畠じゅんこ
作曲
鶴岡雅義

肩を寄せながら

歩いたあの日

うわさから逃げて

負けたのは いくじない

この俺さ

さだめの糸を

断ち切れたなら

幸せやれたのに

逢えるときを 夢にみるよ

はるかな空の下

ひとりで立ちつくす

千歳空港

紅い はまなすの 立待岬

いつまでも待つと

寂しげにすがりつく

細い指

君への愛は

変わりはしない

他人になろうとも

忘れないよ 北の町へ

のこして行くけれど

迎えに行く日まで

千歳空港

別れたくないと

ロビーの隅で

なみだぐむ瞳 つらいのは

君だけじゃ ないんだよ

ふるえる肩を

この手に包む

最後の温もりよ

いのち限り生きて行けば

いつかは逢える日が

旅路も泣いている

千歳空港

提供: うたまっぷ