歌詞

雪の華

森若里子

作詞
池田充男
作曲
青山八郎

一、雪より白い この肌を

さくらに染める 冬の宿

逢えば乱れて 苦しむ恋に

とけてゆくのも おんなゆえ

ああ おんな おんな哀しや雪の華


二、吹雪が空に 鳴る音の

恐さにふるえ ねむられず

指につたわる ぬくもりもとめ

強くあなたに またすがる

ああ 恋は 恋は哀しや雪の華


三、私が泣いて たのんだら

あなたの命 くれますか

せめて春まで 別れるまでは

忍ぶなさけに 酔わせてよ

ああ 咲いて 咲いて哀しや雪の華

提供: うたまっぷ