歌詞

水鏡

鈴木一平

作詞
鈴木一平
作曲
鈴木一平

一生一度きりの 別れならばいいものを

人は幾度となく 悲しみをくり返す

手さぐりの中でふと 抱かれるような

甘い思い出は 通りすぎてゆく

振り返ることなく 明日だけをみつめながら

いつか来た道と 気付かずに歩いた

そこは幸せと 不幸の別れ道

悲しみおぼえた 出逢い道

私だけの貴方には なってくれるはずがない

心のぬくもりも今は

わすれてみるわ わすれてみよう

揺れる二人の 夢もよう


水に浮かぶ枯葉に 目を向けると

丁度今の私 同じようにみえた

風に打たれ 雨に打たれたどる道は

苦しみおぼえた 迷い道

はかない恋の ほろにがさを知って

強がりはよせよと 口ずさんでみます

あふれる涙は とめどなく流れて

とまどう私は 闇の中

私だけの貴方には なってくれるはずがない

心のぬくもりも今は

わすれてみるわ わすれてみよう

揺れる二人の 夢もよう

提供: うたまっぷ