歌詞

花束

八代亜紀

作詞
阿久悠
作曲
服部克久

ひとり暮らしに 慣れたのに

愛も気にせず 生きたのに

罪な心が届けられ

わたし 女を 思い出す


こんなキザなことは

あなたに違いない

郵便受けに ブーケを

さして帰るなんて

何を話すつもり

あなたがわからない

死んでもいいと泣くほど

つらくさせておいて

ひとり暮らしに 慣れたのに

愛も気にせず 生きたのに

罪な心が届けられ

わたし 女を 思い出す


時の流れだけが

あなたを遠ざける

逢えない日々の長さに

じっと耐えて来たわ

胸に飾ることは

あなたを許すこと

花束一つだけでは

終わることじゃないわ

やっと忘れた頃なのに

夢の中から消えたのに

罪な心が届けられ

わたし 女を 思い出す


ひとり暮らしに 慣れたのに

愛も気にせず 生きたのに

罪な心が届けられ

わたし 女を 思い出す

わたし 女を 思い出す

提供: うたまっぷ