歌詞

北島三郎

作詞
星野哲郎
作曲
原譲二

流れる雲の 移り気よりも

動かぬ山の 雪化粧

ガンコ印(じるし)の 野良着をまとい

生きる師匠(おやじ)の 横顔に

おれは男の 山をみた

おれもなりたい 山をみた


けわしい山に 登ってみたい

自分の道を 極めたい

それは男の 見果てぬ夢か

山に登れば その山の

山の向こうに 待っている

山の深さを 知るばかり


目先のことに うろちょろするな

昨日と同じ 今日はない

それが師匠(おやじ)の 口癖だった

たった一度の 人生を

花にするのも がまんなら

山にするのも またがまん

提供: うたまっぷ