歌詞

しほり

星美里

作詞
吉田旺
作曲
三木たかし

ひらがなみたいに やさしくて

素直な娘に育てよと

しほりと名付けてくれた父

あなたの温もり忘れない

父さんわたしが見えますか

そちらも風花舞いますか

あなたを奪った日本海

みつめて十五歳になりました


鰊を焼くたび父さんに

たべさせたいねと目を濡らす

母さんみてるとわかります

ひらがなみたいなやさしさが

そろそろこちらも冬支度

そこから津軽が見えますか

春来りゃわたしも父さんに

似ている誰かに会えそうな


父さん寒くはないですか

手編みのマフラー流します

あなたの声して海鳥が

しほりとわたしを呼んだよな

提供: うたまっぷ