歌詞

女の始発駅

三船和子

作詞
三園みよじ
作曲
伊藤雪彦

一、凍りつきそな 指さきに

かける涙の 白い息

みおくる人も いないのに

ふり向きながら 汽車による

あなたを忘れる 女の始発駅


二、雪の灯りの 角館

いつか歩いた 武家屋敷

夫婦茶わんを かいこんで

使えるその日 まっていた

一ツが終った 女の始発駅


三、今度どこかで 逢う時は

かわい女で 逢いたいの

荷物をはこぶ おばちゃんが

ほほえむ北の ローカル線

今日から出直す 女の始発駅

提供: うたまっぷ