歌詞

師匠

鳥羽一郎

作詞
星野哲郎
作曲
船村徹

子でも孫でも ない他人の子を

火の粉背おって 育ててくれた

仰げば尊し 師匠の拳

あまりの痛さに 怨んだ日々が

いまじゃ恋しく 懐かしい


ほめて袈裟がけ 世間の無情

広い背中で さらりと受けて

にっこり着流す 師匠の笑顔

黙って学べと 言うことなのか

俺も持ちたい あの度量


女なんかに 迷うなばかと

叱る自分が 女に迷う

仰げば尊し 師匠の涙

ちょっぴりのぞいた 赤坂あたり

栃木訛りの 風が吹く

提供: うたまっぷ