歌詞

雨模様

小松みどり

作詞
斉藤夕紀
作曲
美樹克彦

港 港に女あり

そんな文句が良く似合う

男だったわあんたは

嫉いて見たって仕方がないね

初めて惚れた人だもの

どんなにやさしくされたって

幸せつかめない

鏡に笑顔作っても

心は今夜も 雨模様


今もこの身をかきたてる

熱い思いのあの頃に

夢で逢ってる今夜も

燃えて見たって仕方がないね

一度は消えた恋だもの

あんたにも一度抱かれても

昔に戻れない

想い出だけと添い寝して

心は今夜も 雨模様


夜の酒場に流れてた

枯れた怨歌のその中に

見つけちゃったの私を

泣いて見たって仕方がないね

自分で決めた道だもの

今度は必ず忘れるわ

涙が乾く間に

季節は移り変っても

心は今夜も 雨模様

提供: うたまっぷ