歌詞

女ごころ

一夢

作詞
あいたかし
作曲
あいたかし

いつもの店で 待ってるわ

おそくなっても きっと顔を出してね

今夜は少し 酔いたいの

なのにあなたは どこで何をしてるの

気まぐれ男と 知りながら

何故かひかれる 弱い女ごころよ

本当に私 馬鹿なのね

知っていながら いつも待ってるなんて


似合うほうでは ないけれど

あなたのために 白いドレス着たのよ

少し化粧も かえたのよ

だからやさしい 言葉かけて欲しいの

浮気な男と 知りながら

他人の噂を なぜか信じたくない

本当に私 馬鹿なのね

知っていながら いつも待ってるなんて


浮気な男と 知りながら

他人の噂を なぜか信じたくない

本当に私 馬鹿なのね

知っていながら いつも待ってるなんて

提供: うたまっぷ