歌詞

ひとりのクラブ

石原裕次郎

作詞
なかにし礼
作曲
大沢保郎

傷つけあうのが つらくって

お前と別れて みたけれど

淋しいぜ ひとりクラブで

まぼろしを抱きよせて 飲む酒は

ああ あんなに愛してくれた

お前だもの

忘れられなくたって 無理もないさ


踊っていながら すすり泣き

背広を濡らした あの涙

今宵また ひとりクラブで

思い出をかみしめて 飲む酒よ

ああ あれほどつくしてくれた

お前だもの

俺が泣けて来たって 無理もないさ

無理もないさ

提供: うたまっぷ