歌詞

日暮れ坂

渡哲也

作詞
水木かおる
作曲
遠藤実

なんのためにやすらぎに 背をむけて

なんのためにひとり行く 日暮れ坂

ほこりによごれた 上着を肩に

出逢いと別れ 今日もかさねる

ふりむいたら何もかも くずれ去る

ふりむかずにひとり行く 日暮れ坂


夢は遠く傷ついて たおれても

夢の重さなげくまい 日暮れ坂

ネオンの灯りは はなやかだけど

吹きすぎてゆく 風は冷たい

風の中でひらく花 枯れる花

風に吹かれひとり行く 日暮れ坂


かがやき忘れた 都会の星よ

ささくれだった 人の心よ

遠い道の果てで 呼ぶものはなに

遠い道をひとり行く 日暮れ坂

提供: うたまっぷ