歌詞

塩屋崎

美空ひばり

作詞
星野哲郎
作曲
船村徹

つよくなろうと つぶやいた

そんな自分が 可愛くて

涙ぬぐった その指を

砂にまぶして 指輪をつくる

哀しい癖を おぼえていたら

私と遊ぼう 塩屋のかもめ


海があんまり 広いから

嘘がつけなく なるんだね

とてもあいつが 恋しいと

白い貝殻 並べて書くの

子供のように 素直になった

私と語ろう 塩屋の海よ


負けちゃだめよと ささやいた

ひとり自分に うなずいた

波をのりこえ 波がくる

海をみてると 勇気が出るの

逢えないつらさ こらえて生きる

私と歌おう 塩屋の灯り

提供: うたまっぷ